wimax2

wimax2プラスのエリアや制限、料金などの比較について。

wimax2+ au

   


BroadWiMAX

wimax2+の回線を提供している会社は大きくauとuqの二社があります。

UQはauのグループ会社なので実はどちらも全く同じサービスを提供しているのですが、料金など細かな面では少し注意点があります。

 

この記事ではwimax2+ auについて色々な特徴を見ていきます。

wimax2+ auのエリアは?

wimax2+ auのエリアは以下のauのサイトで検索をすることができます。

https://www.au.com/mobile/area/

住所を入力するもしくは地域から絞り込みをすることで着になるエリアにwimax2+の電波が来ているか確認ができます。

 

一点ご注意いただきたいのは、先ほどのURLにアクセスしてエリア検索をした後に以下のような画面が出てきます。

ですがこのデフォルトの状態では4G LTEのエリアになっているので、必ず画面上にある「wimax2+」という部分をタップして正しい情報を見るようにしてください。

ちなみにuqはauのグループ会社なのでこのエリアの範囲は変わりません。

wimax2+ au圏外なら?

もしもエリア判定が圏外であった場合は、残念ながらWimax系の契約は諦めたほうが良いです。

UQもauも同じ回線を使ってりエリアのカバー状況は変わらないので、uqを選んでも状況は同じなんですね。

万が一電波が来ていないのに契約をしてしまうと、解約をしたくても2万円程度の高額な違約金が発生してしまうのでご注意ください。

 

それでもモバイルルーターを探しの方はWimaxの電波を諦めてLTE系の電波を使うモバイルWi-Fiにする、という選択肢もあります。

LTE系の回線はWimaxに比べてカバーしている範囲が広く、docomoやソフトバンクなどキャリア携帯のカバーしている範囲と同じです。

LTE系のモバイルルーターではBroad EMOBILE LTE等があります。

wimax2+ auの料金は?

wimax2+のauの月額料金は無制限で4,380円です。

この料金は決して安くはなくwimax2プラスの一般的な値段と考えていただいて良いと思います。

 

一点ご注意いただきたいのですが、wimax2+はauショップでも契約が可能ですがとてももったいなのでおすすめしません。

auやuqは回線の大元の会社で、顧客との契約の多くはauやuqから電波を借りているプロバイダーがしてきています。

auやuqはそこまで自社の経費で頑張らなくても、20社以上もあるプロバイダーが自分たちのコストでキャッシュバックなどを行って契約してきてくれます。

そのためauやuqとも直接wimax2+を契約できますが、キャッシュバックや月額料金などが高く損をします。

 

auユーザーの方にお勧めなプロバイダは3WiMAXという会社で、auスマートバリューの方はスマホの月額が最大で900円ほど割引になりますし、28000円もの高額キャッシュバックまでついています。

▼2.8万円をゲットして賢くWimaxを使うならこちら▼
3WiMAX(スリーワイマックス)新規申込み

wimax2+ auの使い方は?

そもそもwimax2+ auのメリットや使い方が不明な方も多いと思います。

一番のメリットはwimax2+というポケットWi-Fiを持つことで、外出先でもネットが使えるようになることです。

家の外にいてもネットを使えるので待ち時間などに動画を見れたり、図書館やカフェで仕事などもできます。

 

スマホのテザリングに比べて速度や安定性が高く、動画やオンラインゲームでもサクサク使えます。

スマホの通信制限なども心配がなくなるので、思う存分家の中でも外でもネットライフを満喫することができるようになるんですね。

 

デメリットとしてはフレッツ光などの固定回線に比べてやはり速度が遅いです。

光回線はもはや1Gbpsの時代ですが、wimax2+などのモバイルルーターは最大でも440Mbpsになります。

しかしながら繰り返しになりますが、動画などを見るには実はモバイルルーターで十分です。

よほど重たいオンラインゲームや超高画質で動画を一日に6時間見るというヘビーユーザー出なければ、月額料金も最安値で3600円程度と格安ですむのでモバイルwifiをおすすめします。

wimax2+ auの速度制限は?

速度制限については過去記事「wimax2+ 速度制限」で詳細に説明をしていますのであわせてご覧ください。

 - wimax2+ au ,