wimax2

wimax2プラスのエリアや制限、料金などの比較について。

wimax2+ 速度制限

   


BroadWiMAX

大型量販店やネット広告でwimax2+の宣伝文句を見ていると、「速度制限なし!」や「無制限!」などの言葉を見かけます。

ですが実際は完全に速度制限がない訳では無く、ある一定の条件を超えると速度制限がかかってしまうんです。

今回の記事では速度制限なしの嘘や実測、制限時間はいつまでなのかを見ていきます。

wimax2+ 速度制限なしは嘘?

wimax2+の速度制限は本当にないのかというと、それは嘘になります。

正確には「実質無制限」といったほうが正しい表現になります。

 

wimax2+は3日間に10GB以上使うと速度制限がかかってしまいます。

これは公式サイトにも以下のように書かれています。

速度制限がかかるご利用データ量 直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)

これはUQ Flatツープラス ギガ放題の場合で、無制限や使い放題と言いつつもちゃっかりUQ公式ではこのように「速度制限」を謳っています。

※ちなみにUQはauのグループ会社で、Wimaxの電波を取り扱っている大元の回線管理会社です。

 

ではこの10GB、一体どのぐらいの通信量になるのでしょうか。

その点については同じくUQの公式で以下のようにうたっています。

YouTubeを標準画質で見た場合に47時間になります。

高画質で見たとしても13時間なので、1日あたり4時間程度は高画質でも見ることが可能です。

実際に管理人も速度制限にかかったことがありますが、その時もYoutubeの動画を一日あたり4~5時間程度高画質で見ていたので、感覚的には合っていると思います。

wimax2+ 速度制限の実測は遅い?

さてwimax2+は速度制限にかかると速度が1Mbps程度になるとUQ公式サイトでも謳われています。

制限後の最大通信速度 概ね1Mbps※3(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)

ですが実測ではどの程度の速度になるのでしょうか。

速度制限のかかっていない通常のwimax2+は、公式では最大440Mbpsを謳っていますが実測値は8~12Mbps程度の速度しか出ません。

同じように速度制限のかかったwimax2+は1Mbpsと謳っていますが、実際はどうなのでしょうか。

 

管理人が「speedtest.net」というサイトとWX03という機種で調べてみました。

10回繰り返した速度は以下の通りでした。

一回目:2.01Mbps

二回目:1.91Mbps

三回目:2.12Mbps

四回目:2.03Mbps

五回目:1.96Mbps

六回目:2.31Mbps

七回目:2.52Mbps

八回目:2.11Mbps

九回目:1.91Mbps

十回目:2.01Mbps

このように速度は基本平均で2Mbps程度が出ていました。

 

ですが時間帯によってネットが混雑しているともっと遅いです。

例えば夜10時以降などに計測してみると0.73Mbpsを記録したこともありますし、平日の昼間だと7Mbpsを記録したこともありました。

wimax2+ 速度制限の時間は?

 

wimax2+の速度制限がかかる時間はいつまでなのでしょうか。

wimax2+の場合この制限時間がゆるくてギガ放題だと翌日の夜18:00~翌々日の02:00まで制限がかかり、それ以降は解除されます。

また制限がかかっている間も先ほどのように1Mbpsはスピードがでるので、特にネットを普通に使っているうえで支障はありません。

これらの理由からwimax2+のプロバイダは「無制限!」や「使い放題!」を謳っています。

 - wimax2+ 速度制限 , ,